Pov-Ray マニュアル


1 NEW

povrayをversion3.1からversion3.5にバージョンアップしました。
使用方法は、特にファイルをカレントディレクトリーにコピーする必要もなく以 下の例のようにコマンドを実行することでレンダリングを行うことができます
ただし、もしホームの[.cshrc]ファイルで ~vision/binにpathが設定されて いる人はこのままだとversion3.1の方を呼び出してしまいますので、version3.5 を使用したい人は、[.cshrc]ファイルの~vision/binへのpathの設定が書かれて いる一行を削除し、「% source .cshrc」と実行してください。これで以下のコ マンドを実行すればversion3.5でレンダリングできると思います。


%povray +Iscene1.pov +Oscene1.png

なおversion3.1もそのまま残してあるので、そちらの方がいいという人は今まで どおりの手順で作業を行ってください。
授業中にアンチエイリアスに関しての質問がありましたが、 version3.1の方を使用している人は、最初にコピーした[.povrayrc]ファイルで アンチエイリアスの項目のコメントアウトを外すことでうまくいくと思います。
その他にも[.povrayrc]ファイルでいろいろと設定ができるので、各自確認して みてください。

1 準備

まずPov-Ray設定ファイル「.povrayrc」を自分のホームにコピーし,パスの設定 を行います。

% cp ~vision/povray/.povrayrc ~

次に自分のホームディレクトリにPov-Ray用のディレクトリを作成します。

% mkdir povray
% cd povray

2 とりあえずレンダリングしてみる

サンプル用Pov-Rayデータファイルをコピーします。

% cp ~vision/povray/scene1.pov ~/povray/

Pov-Ray用のディレクトリに移動します。

% cd ~/povray/

では、先ほどのサンプルをレンダリングしてみましょう。

% x-povray +i scene1.pov +o scene1.tga

上のコマンドラインの「+i」オプションの後ろにレンダリングするファイル。「+o」オプションの後ろに生成する画像ファイルの名前を記述します。

3 オプションの説明

コマンドの後ろにオプションを付けることで画像のサイズやレンダリングの クオリティの設定をすることができます。

+I filefile=出力ファイル名
ファイル名が file.pov のファイルをレンダリングする
-D/+Dレンダリングの経過画像を表示する(+D)か否(-D)か
-P/+Pレンダリング終了時に一時停止する(+P)か否(-P)か
+Qnn=0〜11 レンダリングのクオリティの設定
+Wnn=画像の横方向のピクセル数
横幅を指定(.povrayrcに優先)
+Hnn=画像の縦方向のピクセル数
縦幅を指定(.povrayrcに優先)
-F/+Fnレンダリング時にファイル出力する(+Fn)か否(-F)か
n=T無圧縮 Targa-24
n=C圧縮 Targa-24
n=PUNIX PPM
n=NPNG (8-bits per colour RGB)
+Lpathpath=ライブラリパス
ライブラリパスの指定(.povrayrcに追加)
※このオプションは必ず最後に記述すること

4 画像の変換

基本的に出力できる画像ファイルフォーマットは「tga」「ppm」「png」形式なので、他のファイルフォーマットにしたい場合は「convert」コマンドを使用してください。

例1:targa形式からgif形式へ

% convert scene1.tga scene1.gif

例2:tga形式からjpeg形式へ

% convert scene1.tga scene1.jpg

5 .povrayrcファイルについて

オプションを追加しない状態でのPov-Rayの設定を記述したファイルです。 各々の設定に付いてはファイル内に説明文が書いてあるので、それにしたがって好みの設定に変更してください。

6.レポート課題

レポート課題は自由課題とします。Pov-Rayで作成した作品のレンダリング画像とプログラムコードを各1点および報告書(紙面)を提出してください。

画像とプログラムの提出方法

まず作品のあるディレクトリに移動します。次に「/home/users/faculty/vision/povray/report2005」以下に自分の学籍番号と同じ名前のディレクトリを作成します。

% mkdir /home/users/faculty/vision/povray/report2005/自分の学籍番号

画像ファイルとプログラムファイルを先程作成したディレクトリ内にコピーします。

% cp 提出するファイル /home/users/faculty/vision/povray/report2005/自分の学籍番号/

報告書の提出方法

この作品のねらい、作成するに当たって工夫した点および感想を書いて提出してください。

提出日

10月25日火曜日

提出先

TAまたは山本教官室外のメールボックスまで。

7.にいがたデジコングランプリ 2005

現在、「にいがたデジコングランプリ 2005」ではCG作品を募集しています。優秀作品には賞品または賞金が出ますので自信のある方は応募してください。
応募先は

にいがたデジコングランプリ 2005

まで。

9.参考リンク

マニュアルを持ってない方はこちらのページを参考にしてください。

POV-Ray日本語マニュアル
POV-RayPORT