研究内容

研究課題

コンピュータビジョン,コンピュータグラフィックス,感性情報処理,人工現実感などの分野で研究を行っています。現在,特に力を入れているのは次の課題です。

ユビキタスモーションキャプチャ
モーションキャプチャは,アニメーションを制作する道具の一つとしてすっか り定着しました。しかし,これまでのモーションキャプチャは,身体に特殊な デバイスを取り付けたり,マーカーをあらかじめ貼り付けたりすることが多く, 自然な動作を測定することが困難でした。そこで,ビデオ映像などの画像デー タのみを使い,コンピュータビジョン技術を駆使した次世代モーションキャプ チャの開発に取り組んでいます。いつでもどこでもキャプチャできるという意味 で,ユビキタスモーションキャプチャとよんでいます。
パフォーマンスアニメーション
モーションキャプチャから得られた動作データを使って,アニメーションを制作 する技術を開発しています。これまで,「風とともに去りぬ」のスカーレット・ オハラ(ビビアン・リー)と「フランケンシュタイン」の怪物(ボリス・カーロ フ)の演技をキャプチャし,二人が競演するアニメを作りました。また,音楽に 合わせて踊るキャラクタや身振りを交えて英語を教えてくれる英会話アバタなど も手がけています。

主な研究テーマ

デモンストレーション・ムービー